履歴書・職務経歴書

転職活動でやってはいけない30代40代の履歴書・職務経歴書の書き方

転職活動でやってはいけない30代40代の履歴書・職務経歴書の書き方

30代40代の転職市場が活発ですが、転職経験が無い人の中に思い込みで書類を作成してしまう人がいます。

特に、ハイクラス求人では書類の少しの「書き方」の違いが合否に影響するのでので、入念な準備と確認が必要です。

ひでっくま
ひでっくま
どんなに現職(前職)で実力が認められている人材とはいえ、転職市場で通用するかは別の話です。

30代40代のミドル層で転職活動中の方は是非読んでください。

書類選考を通過する書類作成にも役立ちます。

本日のテーマ
  1. 転職活動で書類選考を通らない書類とは?
  2. 書類作成するときの最低限の注意点
  3. 転職活動の履歴書・職務経歴書で手を抜いてはいけない項目
  4. 転職活動をするキャリアのある30代40代の思い込み

年収

転職活動で書類選考を通らない書類とは?

素晴らしい経歴の方でも、書類選考になかなか通らない人もいます。

書類が通らないのは必ず要因があります。

書類が通らない要因
  1. 履歴書や職務経歴書の内容不足
  2. 応募条件を満たしていない
  3. 年齢層がマッチしていない

❶履歴書や職務経歴書の内容不足

応募条件を満たしていても、履歴書や職務経歴書の内容が不十分な場合があります。

応募する時には、条件を満たしていることを相手が理解できるように、募集要項を注意深く読んでから書類を作成しましょう。

【書類作成する時のポイント】

  • あれこれと自分が思いつくままの書き方はしない
  • 応募条件に含まれている言葉を職務経歴書に引用する
  • 職務経歴書には具体的な数字を入れて、実績をアピールする

面接で説明すれば良いと思って、書類をシンプルに書きすぎるのもよくありません。

書類選考を突破しないことには、面接選考にたどり着けません。

自分をアピールする情報量のバランスを見ながら書類を作成しましょう。

❷応募条件を満たしていない

応募条件いないのは、書類選考する以前の問題になります。

特に「必須条件」は注意しましょう。

例えば、ITエンジニアでも応募条件で必須のプログラミング言語を習得していなかったり、営業でも業界経験が必須な場合もあります。

同じ職種だからと言って勝手な判断で応募してしまうのは時間の無駄になります。

もし、自分が応募条件に該当するかどうか気になる場合は、転職エージェントや応募先に事前に確認しても良いでしょう。

❸年齢層がマッチしていない

年齢制限をしていない求人でも、企業が求める年齢層は存在ます。

未経験可の求人に40代が応募したり、ハイクラス求人に20代が応募しても求人のターゲット層と一致しないことがほとんどです。

応募条件を読んで、自分の年齢がターゲット層に入るかしっかり見極めましょう。

書類作成時の最低限の注意点

人気企業では、応募総数も多く細かく書類を目を通さないことがあります。

また、面接官が多忙な場合でも、面接直前にしか書類読まないことも少なくありません。

複数の候補者がいる場合は、ちょっとした書類の書き方の違いで合否が判断されます。

面接官が事前に書類に目を通すのは短くて1分、長くても2~3分と考えてください。

言い方を変えれば、書類の書き方次第で読んでもらえない候補者もいると言うことです。

応募する時は、いかに読みやすい書類にするかが大事です。

  • 誤字、脱字、年号の確認
  • 量を増やすために情報を重複させて記載しない
  • 長文にせず、できるだけ箇条書きでコンパクトにまとめる

些細なミスも無いように完璧を¥と思える書類作成をしましょう。

よりよい書類にするためには、転職エージェントのキャリアコンサルタントに添削してもらうのもひとつの手段です。

転職活動の履歴書・職務経歴書で手を抜いてはいけない項目

履歴書・職務経歴書で気を使うべき注意です。

顔写真は妥協せず、写真館で撮影する

スピード写真や簡易的に撮影できる写真で済ませてはいけません。

ましてや、30代40代であれば20代とのビジュアルの差も出るため、なおさら手を抜かないことが大切です。

履歴書には、必ず専門の写真館で撮った自分がベストな状態の写真を貼りましょう。

髪型やスーツ、シャツを整えることも忘れないでください。

応募先ごとに履歴書・職務経歴書はアレンジする

複数の応募先がある場合でも、全く同じ書類で応募することは避けましょう。

業種や職種が同じでバレないと思っていても、面接官の中には使いまわしを見抜く人もいます。

志望動機でも、その企業を考えた特徴がある表現方法を使用したり、第一志望とわかるような表現で書いてください。

職歴の概要欄でも、その企業が重要視しているキャリアやスキルを身に着けていることがわかる書き方にしましょう。

志望動機の書き方によって、企業側への熱意の伝わり方も大きく異なります。

初めて転職活動をする30代40代の思い込み

1社で長年働いている30代40代で初めて転職活動をする人の中には、なかなか転職先が決まらない人もいます。

それは初めて転職活動をする人の思い込みに原因があります。

初めての転職活動する人の思い込み
  • 見た目で判断されない
  • 履歴書は手書きで書かないとNG
  • 勤続年数が長い=高い評価/プラス要因
  • 現職(前職)と転職先での役職は当然同じ

上記は完全に転職における思い込みです。

顔写真のシャツのヨレを気にする面接官も少なくありません。

転職エージェント経由であればPC作成書類しか提出しませんし、手書き履歴書を求められることもありません。

勤続年数が短くても、優良企業に転職できます。

現職が課長でも、転職先で課長以上になるとは限りません。

転職活動の思い込みを無くすための情報収集は怠らないようにしましょう。

本記事のポイントをまとめます。

応募条件を満たしていることを十分に確認して、書類を作成をする

作成した書類は完璧と思うまで読み直す。転職エージェントのキャリアコンサルタントに添削してもらうのも有効手段のひとつ。

顔写真は写真館で撮影し、書類の使いまわしはしない。応募企業ごとに書類はアレンジする。

転職活動についての思い込みを無くすために、情報収集は怠らない。ウェブサイトや書籍、転職エージェントを十分に活用した転職活動を行う。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへ