面接対策

転職面接で回答しづらい質問の上手な受け答え4選

転職面接で回答しづらい質問の上手な受け答え4つ

キャリアップ転職の面接対策について知りたい方向け。

キャリアップするための転職では、自分が今までに任されたことのない業務が含まれているかもしれません。
ポジションや役職に応じて、当然求められるスキルは多くなり、面接での質問も多くなります。

ひでっくま
ひでっくま
転職面接では、意欲的でポジティブな印象をいかに与えるかが重要です。今回は意欲を見せるための回答をお教えします。

今までの面接で上手く受け答えができなかった経験が有る方は是非読んでください。

本記事のテーマは以下の4つ。

  1. 人間関係についての回答
  2. 未経験業務についての回答
  3. ITやパソコンスキルについての回答
  4. 労働時間、残業についての回答

転職者の面接では、とにかく人柄を見られています

面接では、企業は履歴書や職務経歴書に一通り目を通していますので、候補者の人柄やコミュニケーション能力を重視します。

どれだけ経歴が素晴らしくとも、人柄が会社の雰囲気に合わなければ採用には至りません。

簡単に言うと、面接官が一緒に仕事をしたいか、したくないかで判断されるということです。

人間関係についての回答

コミュニケーション能力を確認するために、今までの職場での人間関係について質問をされることがあります。

全く問題ないと一言で済ませてしまうのも逆に不自然ですよね。

質問例:
今までの職場で人間関係はどうでしたか?
また、苦手な人とはどのように接していましたか?

  1. 業務に誠実に取り組み、苦手な人にも認められる人材になるように心がけていました
  2. 相手が何を求めているかを常に考えて、依頼された仕事に取り組むようにしていました
  3. 人の好き嫌いはあまりありませんが、正直、人見知りな部分もあります。
    しかし、自分の成長のためにも、その弱みを克服するために積極的に周囲の人とのコミュニケーションをはかっていました
  1. 誰とでも打ち解けることができるので、人間関係で問題が起きたことはありせん!!
  2. お互いのために、最小限の関わり方をしていました
  3. 仕事のために割り切って接していました

良い例は、自分から人間関係に真摯に向き合い、コミュニケーションを良くしていこうとする意欲が見えます。

悪い例は、疑わしい回答だったり、自分の世界だけで仕事をしていきたいという、組織の中では問題になりかねない人物に見えます。

”人間関係は可もなく不可もなく”というような、中途半端な回答にならないように気を付けましょう。
仕事環境で全ての人と気が合うことは難しいです。それは、誰もが認識しています。

 

未経験業務についての回答

転職先で充実する業務が、現職と全く同じということはありません。
必ず2~3つは新しい業務にチャレンジすることになります。

面接官は、未経験業務について、浅い知識の回答や、専門的な回答を求めてはいません。
回答によって、今後任せる業務についての意欲を深く観察しています。

質問例:
未経験業務や、社内でまだ取り組んだことがない業務を任された場合どう思いますか?

  1. 社内で誰もチャレンジしたことがない業務であれば、さらにやりがいを感じます
  2. 誰も成し遂げていない業務であれば、実績を残して土台を作りたいです
  3. 自分の成長のために乗り越えなければならない壁だと自覚しています
  4. 社内のメンバーを巻き込んで必ず成し遂げて、会社への貢献と、自分の成長に繋げたいと考えています
  1. 失敗したくないので、上長に細かく確認を取りながら進めていきたいです
  2. 分からないことは、とにかく他の人に質問して解決していきます
  3. がむしゃらに頑張れば、乗り越えることができると考えています
  4. 休日出勤、残業を遅くまでしてでもやる気持ちがあります

良い例では、全体的に自主性や新しい業務に積極的に取り組む姿勢が見られます。
悪い例では、自分が率先してやっていく意欲が見られません。
また、計画性や効率化を考えて行動できない人物にとらえられてしまいます。

ITやパソコンスキルについての回答

組織がそれほど大きくない規模であれば、IT知識やパソコンスキルについて質問される場合も少なくありません。

IT部門が無い会社であれば、多少の問題であれば各個人で解決してほしいと依頼されることもあります。

資格が無くても習熟度がわかるようにした方が良いパソコンスキル

  1. 募集要項に記載している特定のソフトウェアの習熟度
  2. Microsoft Office: Word, Excel, PowerPointの業務経験
  • システム(ソフトウェア)処理を行う業務を任される場合
    相手が言うシステムを知らない場合、同じようなシステムで処理をした経験があれば必ず説明しましょう。
  • 全くの未経験と一言で済ませてしまうより、システム行うで業務内容は掴める等の言い回して、業務への抵抗が無いことを伝えてください。
    回答例:
    Oracleは使ったことがありませんが、SAPは業務で使用していました など
事務職であれば、パソコンが苦手という印象はマイナスイメージになります。
苦手な場合でも、今までどのような業務をパソコンでやってきたか伝えた方が良いです。

労働時間、残業時間についての回答

ワークライフバランスを重視したい方にとって、労働時間や残業時間は非常に気になります。
しかしながら、直接的な言い方は避けるようにしてください。
聞きずらい質問は、何かの話の流れで聞けるようにタイミングを見計らいましょう。

唐突に質問するのではなく、何か話の流れに挟んで

では、○○○ですね?や、そうなると、○○○ですね?

のような、あくまでも話の流れで聞いているという雰囲気にします。

【残業時間を大まかに知りたい場合】

では、みなさん遅くまで頑張られているんですね?

そうなると、繁忙期は夜8時~9時くらいになりそうですね?

など、こちらとしては想定内という雰囲気で相槌をうちます。

面接段階では、あからさまに月の残業時間を聞くと、仕事のやる気度が無いようにも見られます。
転職エージェントを通しているのでは、聞きづらい質問はキャリアアドバイザーから聞いてもらうこともできます。

本記事のポイントをまとめます。

人間関係の質問は、自分から積極的に解決している姿勢を見せる

未経験業務の質問は、中途半端な知識で回答しない。まずは、ポジティブに取り組む意欲がある姿勢を見せる

ITやパソコンスキルについての質問は、今までの業務経験を含めてスキルを説明する
未経験ソフトウェアでも、似たようなソフトで業務をしたことがあれば、業務への抵抗が無いことを伝える

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへ