外資系企業

外資系企業へ転職を目指す人の5つの誤解

外資系企業へ転職を目指す人の5つの誤解

外資系企業って給料高くていいよなぁ~。
ワークライフバランスも良さそうだし。俺も英語さえ喋れたら行けるのに!

ひでっくま
ひでっくま
外資系企業のイメージで、こんな風に思っている人いますよね。

日本にも多くの業種で外資系企業が参入しています。
特に、ここ数年は大企業だけでなく、スタートアップやベンチャー企業も含め急速に増え続けています。

外資系企業と聞くと、日系企業よりも柔軟性のある企業理念であったり、上下関係も堅苦しくないイメージを持っていませんか?

今日は、そのイメージが覆されるような記事です。

本記事のテーマは以下の5つ。

  1. 外資系企業で年収が高いのは、業種とシビアな成果主義が理由
  2. 意見を言いやすい環境は、直属の上司次第
  3. 福利厚生が充実しているのは、会社の規模次第
  4. 英語が堪能でなくとも、外資系企業には転職できる
  5. ワークライフバランスがとれるかは職種次第 ※一番の誤解

外資系企業も本社のある国の文化で異なります。

外資系企業と言っても、アジア系、欧米系、その他のエリアと本社のある国の風土や企業文化によって雰囲気や企業方針も様々です。

外資系の思いこんだイメージだけが先行する転職活動は注意です。

外資系企業で年収が高いのは、業種とシビアな成果主義が理由

外資系と聞くと、まず給与が高いイメージがあります。

しかし、それは業種とシビアな成果主義が理由です。

当然、業種によっては日系企業の競合と変わらない給与だったり、平均以下の会社もあります。

また、給与が高いと噂される外資系企業は成果主義が強いため、年間の目標達成率を数字としてシビアに見られます。

目標を達成することができれば大幅な昇給や、賞与も高くなるでしょう。しかし、結果が伴わなければ、賞与ゼロということも十分にあります。

そして、短期間でもリストラ対象になるのも事実です。

外資系で給与が高い業種

  1. 金融
  2. コンサルティング
  3. IT
  4. 医療

意見を言いやすい環境は、直属の上司次第

外資系企業は、自分の考えを積極的に発言するイメージがあります。

しかし、それも一概には言えません。

外資系は転職者が多く、前職も外資系という方も少なくありません。
しかし、必ずしも自分の身の回りがそのような環境になるとは限らず、上司がバリバリの日系企業からの転職者の場合、自分の意見を言いやすいかどうかはその上司との関係性次第です。根強い上下関係を重視する人もいます。

外資系企業でも、日本人が上司になる方が圧倒的に多いです。
上司が外国人になるのは、レポート先が本国(海外本社)の方や、管理職、規模が小さければ部長以上のクラスになります。

福利厚生充実→会社の規模次第

福利厚生ですが、日系企業同様、会社の規模次第で大きく違ってきます。

規模が大きくなれば、会員制の福利厚生倶楽部に入っていたり、その他充実した社内サービスが提供される企業もあります。

しかし、外資系企業でも日本で従業員数100人以下の外資系であれば、福利厚生の環境が整っていないところも多いでしょう。

就業時間、有給日数、その他手当てなども、本国の就業規則によって様々ですが、下記のような外資系企業もあります。

  • 手当ての種類が多い
  • 就業時間が8時間未満  ※7.5時間労働
  • 月に何回か昼食が提供、または昼食代が支給される
  • 基本の有給日数が長い。※就業年数が短くても有給日数20日以上など

など

英語が堪能でなくとも、外資系企業には転職できる

英語力で言えば、営業採用で英語が堪能と言う方は少ないです。
また、本国とのやり取りが多い内勤者の方が圧倒的に英語力を求められます。

補足すれば、管理職採用ではない場合、入社後に英語力を鍛える方も多いです。

ただ、部長クラス以上になると本国とのやり取りも頻繁に行うため、どの部署でもビジネスレベル以上の英語力が求めれれます。

ワークライフバランスがとれるかは職種次第

一番誤解されている点です。
外資系企業は休暇が取りやすく、残業もそれほど無いイメージがあります。

しかし、それは職種次第です。

外資系企業でも、毎日残業が必要な職種もあります。
海外との定期的なミーティングや、海外現地の担当者と頻繁にやりとりをする部署に所属している方であれば、時差が発生しているので、早朝や夜に会議依頼されることも少なくありません。

また、日系企業に競合が多ければ、販売戦略をより具体的なものにする必要があります。
外資系企業が日系企業からシェアを奪うことは、海外本社との関係もあるので想像以上に苦労する場面があります。
例えば、海外本社で日本のマーケティング戦略が決まると、通常半年から1年かけるプロジェクトでも3カ月で実行せざるを得ない時もあります。

そういう状況を見る限り、一概に外資系企業はワークライフバランスが取れるとは言いきれません。

本記事のポイントをまとめます。

年収が高いのは、業種の給与レンジが高いか、成果主義が大きく反映しているから。

意見を言いやすい環境であるかどうかは、直属の上司次第。外資系企業かどうかはそれほど関係ない。

福利厚生は、外資系企業でも会社規模が小さければ整っていないところも多い。

営業担当は英語力が問われないことも多いが、海外とやりとりをする管理職や内勤者はビジネスレベルの英語力を問われる。

ワークライフバランスについて、休暇をなかなか取れず、残業が多い人も少なくない。海外と会議がある場合、時差で早朝や夜の会議もあるため、時間調整が難しいときもある。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへ