履歴書・職務経歴書

転職活動の書類通過率が高くなる3つのポイント

転職活動の書類通過率が高くなる3つのポイント

転職活動で希望企業に応募しても、なかなか書類が通らない・・・。

どうやれば書類通過率が高くなるのかな・・・。

ひでっくま
ひでっくま
転職希望者でこのような悩みを持っている方は少なくありません。

書類通過率を高くしたいのであれば、やはり職務経歴書で目を引く実績が2~3個は欲しいところです。

本記事のテーマは以下の3つ。

  1. 数字のすごさが伝わるような実績を作る。
  2. 部門横断プロジェクトの参画経験を書く。
  3. ネームバリューのある企業と仕事した経験を書く。

在職中は、応募先企業が会う価値のある人材である準備をする

どれだけ人柄がよくとも、履歴書や職務経歴書で目を引く実績が無ければ、面接にはたどり着けません。

転職活動をする時には、自分自身のキャリアを振り返ります。
その時に、あなた自身が採用する立場だったら、自分の職務経歴書を読んで、会いたい人材としてイメージできるような書き方を心がけましょう。

そのためには、転職すべきタイミングが来た時に、応募先企業が会う価値のある人材である、ぜひ会ってみたいと思われる準備を在職中からすることが必要です。

職務経歴書で、数字のすごさが伝わる実績を残す

職務経歴書には必ず具体的な数字を交えましょう。
あなたの実績のすごさが伝わるように記載してください。

【営業の場合】

  • 営業成績
  • 営業エリア
  • 他の営業マンと比較してどうだったか
  • 金額やパーセンテージ(%)は必須

【内勤の場合】

  • どのくらいの業務をどれだけ早く処理していたか
  • 間接費と捉えた場合、どのくらいコスト削減に貢献したか

管理職の場合:

  • どのくらいの人数を管理していたか
  • 部署の成績がどのくらい会社へ貢献してしたか

転職活動に関わらず、自分の仕事に関わる数字は把握する必要があります。

同じ業種で転職する場合、応募先企業には、あなたの持つ数字がどのくらい現職の会社にインパクトを与えているのかイメージをさせてください。
異業種であれば、面接の際にその業種に例えて説明できればプラスになります。

数字を残すためにどのような工夫を行ったかをまとめる。

職務経歴書に書けるくらいの実績であれば、何かしらの工夫をしていたはずです。
職務経歴書に長々と書く必要はありません。その工夫を1文で簡潔にまとめるように心がけてください。

「年間売上成績1位を取りました。」と書くよりも、「日々、〇〇のような工夫を行い年間売り上げを1位を取ることができました。」と説明できるようにしてください。

一言添えるだけで内容が深くなり、面接になった際もそこから話が膨らみます。

部門横断プロジェクトに参画する。

プロジェクトに参画した経験や、プロジェクトリーダー経験者はどのような企業でも一目置かれます。
最近では、IT企業に関わらず、様々な業界でプロジェクトが存在し、複数の部署が関わる複雑な仕事になっています。

どのようなプロジェクトを行ったか、またどのようにしてプロジェクトを成功に導いたかわかりやすく記載しましょう。プロジェクトの成功実績も大変効果的です。

大きなプロジェクトになると、他部署との連携や状況管理をするスキルも必要になるため、応募先企業でも管理職に必要な能力を身に着けている人材と印象付けることができます。

ネームバリューのある企業と仕事をする。

社外ではどのような活動を行っていたかアピールすることも効果的です。
特に業界でネームバリューがある会社と仕事をした経験があれば、面接官の印象にも残りやすいです。

職務経歴書に詳細な企業名を伏せたい場合は、「業界最大手」や「〇〇で高いシェアを誇る〇〇企業」など、業界内では知名度が高い会社とイメージできるように記載しましょう。

書類を通過後の面接は、履歴書、職務経歴書から話が展開されます。
内容についての質問は、すぐに回答できるように、直前にも必ず目を通しておきましょう。

本記事のポイントをまとめます。

職務経歴書には必ず数字を入れた実績を記載する。

プロジェクト参画経験を記載する。様々な部門が関わったプロジェクトなら尚良し。

ネームバリューがある企業との仕事経験があれば、応募先も実績をイメージしやすい。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへ