転職エージェント

転職エージェントとの面談で重要な3つのポイント

転職エージェントとの面談準備で重要な3つのポイント

転職エージェントからどんな質問をされるんだろう?

電話面談って、どんな感じなんだろう??

ひでっくま
ひでっくま
転職エージェントとの面談もドキドキしますよね?

転職エージェントと言っても様々なタイプがあります。
あらゆる人材へアプローチをかけることのできる大手エージェント、業界に特化したエージェント、地域密着したエージェントなどもあります。

今回の記事は、転職エージェントに登録した直後や、メールなどでアプローチがあった方がどのような準備をしておけば良いかについてです。

転職はエージェント経由が確実に有利です。

転職するには、ハローワーク、求人サイトなど別の方法もあります。

転職エージェントを使うメリットとして一番重要なポイントは、希望条件を落とさずに転職ができる確率が圧倒的に高いことです。

直接応募の場合、面接では聞きづらいことや給与などの条件面の交渉がしづらい場合もあります。しかし、転職エージェントを通せばそのような件もキャリアアドバイザーが解決してくれます。

本記事のテーマは以下の3つ。

  1. 転職エージェントからアプローチがきた時の準備方法
  2. キャリアアドバイザーからの質問される内容
  3. 面談が終わった後の準備

転職エージェントからアプローチがきた時の準備方法

求職中ではない場合でも、今後の転職活動ために話を聞くのもアリ

特に求職中でない場合は、念入りな準備は不要かと思います。
今後転職活動する時のための情報として話を聞いても良いでしょう。
電話面談中は随時メモが取れる状態にはしておいてください。

特定案件がある場合は企業情報が添付されている場合が多い

転職エージェントからアプローチが届く際は、とりあえずどこか案件がありそうかの探るための面談スケジュール調整であったり、すでに特定の求人案件がフィットしそうな場合は企業情報を含めてメッセージが届きます。企業情報がある場合は、事前にどのような会社か調べておきましょう。

後者の場合は、ハイクラスのポジションのパターンが多いです。
なぜなら転職エージェントの登録者名簿からでも、なかなか応募要項に合った高い経験値のある人材を探すことができないためです。

キャリアアドバイザーからの質問される内容

複数のエージェントに登録している場合でも、電話面談の流れや質問される内容はある程度共通しています。

【電話面談の流れ】

  1. 転職エージェントの紹介、キャリアアドバイザーがどのような案件を担当しているかの説明をされる。
  2. 求職者(あなた)がWEB上で履歴書や職務経歴書を提出している場合、その内容に沿った質問をされます。
  3. 今後のキャリアプランについて相談します。
  4. 希望に合った求人があるか、後日連絡するということで終了。

積極的に転職活動をしている方は、キャリアアドバイザーと話す内容によって、紹介される案件も違ってくるので準備不足にならないように注意してください。

今までの経歴を説明できるようにする。

現職の業務について、今までの実績で特にアピールしたい部分は詳細に説明できるようにする。

転職するにあたっての不安点について、いくつか質問できるように考えておく。

営業、内勤に関わらず、数字に関することも聞かれることが多いです。
会社の規模、売り上げ、従業員数(全体&部署)、その他自分が関わった業務に関する数字などは説明できるように準備しておきましょう。

面談が終わった後にやること

回答できなかった質問は早い段階で解決する

キャリアアドバイザーからの質問で回答できなかった点は、早い段階で解決します。求人を出している企業から依頼されてた重要な質問かもしれません。

職務経歴書をアップデートする

転職エージェントとの面談で感じたことを職務経歴書に反映させてください。

職務経歴書は2~3ページに抑えてください。面接官が多忙で直前にしか読まないことも少なくありません。うまくまとめられていることも重要です。

キャリア転職サイトtype

  1. 自分の実績として大きな部分は必須
  2. 面談で理解した企業が特に求めているスキルについては追記する
  3. 多くの方が行っている業務を詳細に書く必要はない。口頭で説明できれば十分。

管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

 

本記事のポイントをまとめます。

特定案件がある場合は、事前に企業情報を調べておく。求職中でない場合でも、今後のためにメモを取る。

面談の流れは転職エージェントによっての差はない。自分の経歴や業務についてはきちんと説明できれば、よりフィットした求人案件を紹介される。

面談で回答できなかった部分については、必ず解決して次に備える。企業から依頼された重要質問の場合も多い。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ