時事ネタ

30代前半と後半の転職の違い教えます。35歳限界説は無意味!

こんにちは。一足早く長期連休に入ってるhidekkumaです。先日、初めて石垣島に行きましたが、石垣牛を堪能し、海も綺麗で最高でした。また行きたいです。

hidekkumaのインスタグラムはコチラ

※転職ブログは全く関係ありませんが、気になる方はご覧ください。

hidekkuma
hidekkuma
「転職35歳限界説」って聞いたことありますか?数年前まで囁かれていた言葉ですが、私自身35歳以上で転職経験もあり、周りには40代、50代で転職した人もいます。

35歳と言えば、社会人になって10年くらい経っている頃です。私自身30代前半、後半と転職をした経験があります。30代はどの業種にいても、その人の今後の社会人人生を大きく左右する年齢であることは間違いありません。

30代前半と後半の転職方法の違い

30代前半の転職

30代の前半の転職は、まだ業種、職種共に変えることは可能です。私も20代で小売業の販売担当として社会人をスタートし、30歳で業種、職種共に全く違う仕事に転職をしました。また、求人案件でも年齢制限に引っかかることは少なく、未経験可も挑戦できる求人はあります。

  1. 求人状況:売り手市場なので、業種、職種を変えれるチャンスは十分ある。
  2. 採用基準:30代前半でもポテンシャルを優先する企業も多くなってきている。
  3. 年収:業種、職種を変えても、年収の現状維持は十分可能。
  4. 入社後:未経験者でも、2~3年の成長度合いを見てキャリア育成する企業もある。

上記の通り30代前半であれば、未経験や非管理職でも将来を見据えたキャリアアップになる転職は十分に可能です。

30代後半の転職

30代の後半の転職は、ポテンシャルよりも実績が重要になってきます。管理職経験が無くとも、組織の中で何か大きなことをやり遂げたことが2~3つは欲しいところです。30代後半以上の人材を求めている企業は、会社の将来を見据える中で不足している知識や経験を補うための人材を確保しようと考えています。30代前半の採用よりも、求めている人材はより明確になっています。

  1. 求人状況:最近は、業界未経験者の人材でも採用する企業も多い。
  2. 採用基準:専門性の高いスペシャリストとしての経験がある。
  3. 年収:管理職採用の場合は、年収の大幅アップも見込める。
  4. 入社後:半年~2年以内には組織の中核を担う素質がある。

転職者の年齢よりも実績があるかどうかが重要!

30代前半と後半の違いをいくつか書きましが、最近は求職者の年齢よりも実績を重視する企業の方が多くなっています。同じ業務を何年も長くやってきたことを強調するよりも、短期間で大きな実績を残している人材の方がポジティブな印象を受ける場合もあります。

私自身4年勤務した外資系企業で会社の「オペレーション改革」や、「新規プロジェクト」を遂行するなどして、2度の社内表彰を受賞しました。勤続年数は長くはありませんが、これらは大手企業では任せられなかったであろう業務であり、転職時のアピールポイントとしても非常に有効でした。

転職市場で、一つの業務に特化しすぎた人材は敬遠される!?

数年前までは、〇〇株式会社勤続〇〇年!や、〇〇業務一筋10年!のような人材は持久力がある人材として転職市場でも有利でした。しかし、最近では急成長しているベンチャーや大手外資系の日本市場の新規参入などもあり、小さい組織の中で幅広く業務をやれる人材を求める企業もあります。

  1. 一つの仕事に特化しすぎて、「それ以外はできない」人材は敬遠される。
  2. 高い専門性を持った人材でも、「それ以外はやりたくない」という人材も敬遠される。

上記の気持ちが少しでもある場合、入社後のミスマッチにもなりますので注意してください。

転職活動時に柔軟性と武器を持つ

平成はもうすぐ終わろうとしてますが、令和になると転職スタイルもどんどん変わっていくと思います。私の個人的な意見ですが、今後は一つの業務に特化した高度なスキルを持つだけでなく、柔軟性を持って幅広く仕事のできる人材が転職に有利になっていくと思います。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ