年収

転職で年収アップするには?

こんにちは。メリークリスマス!!hidekkumaです。今日は、何かと出費の多い年末なので、お金(年収)について書こうと思います。

 みなさんは、今の年収に満足していますか?

こんな記事を見つけました。年収1000万円稼いでいる人ってどんなイメージですか? 「自分の給料が安い!今後年収1000万円に届く見込みなんてない。だけど、いつかはこのくらい稼ぐようになりたい・・・。」と思う人にとって、転職は近道の手段の一つです。毎年の昇給を考えるよりも、うまく転職ができれば大幅に年収がアップして1000万円!?に近付く可能性は十分あります。

年収を時給換算したらどうなるか。

ただ単純に高い給料が欲しいだけで働いている人はいないと思いますが、サラリーマンとして年収を上げるのに一番重要なことは、時給単価を上げることです。毎日残業だったり、休みがまとも取れない環境であれば、どれだけ給料をもらっても仕事は続けられません。
年収400~500万円で残業少なめや定時帰りの人、年収1000万で毎日夜遅くまで働いている人。どっちが幸せか考えたりしたことありませんか?特に、家族がいるサラリーマンにとって、どちらが幸せかは永遠の課題です。
私は昔から自分の年収や月給を時給換算しています。高い給料もらっていても、時給換算するとかなり安いなんて人、たまに聞きますよね。おそらく営業職やみなし残業代込みの方は、そういう生活を送っているかもしれません。これは別の視点で考えると、就業時間外で働けば働くほど、自分の価値を下げているって言っても大げさでは無いと思います。転職活動時に内定をもらった企業の想定年収を時給換算でどのくらいか計算してみても良いかと思います。

家族、友人と過ごす時間、または自分の楽しいことのために費やす時間を削っている人生は楽しくありません。また、ただ生活の足しになればと残業することよりも、残業している時間分が就業時間内に稼げるスキルを身につけることを考えることも重要です。
自分のやりたい仕事で残業して、スキルがどんどん身につくならそれはいいかもしれませんが、やりたくない仕事でモチベーションなく、スキルが身についていることも実感できないことは時間の無駄に感じてしまうでしょう。

転職する時の業界を絞る

こんな記事も見つけました。

ここに記載してる上位5つの業界。どれもキツいイメージですよね・・・。コンサル、金融、商社、IT・インターネット、メディカルなどなど。

たまに上場企業の平均年収ランキングなども見ますが、転職を複数回した経験から、会社の規模(従業員数)と年収はそれほど強く結びつきはないと感じます。年収に一番結びつきが強いのは、どの業界で働いているか。私の現職はメディカルですが、以前はこの業界以外でも働いていました。記事に記載されている上位5つの業界は確かに高給ですが、現実的にはこの業界以外で勤めていても大変さは変わらないんじゃないかって思います。

私が上記以外の業界からメディカル業界(4社目)への転職した際は、特に給料がどうこうは考えていませんでした。転職エージェントのキャリアアドバイザーから、たまたま紹介されたのが医療機器メーカーでした。その際は十分に前職のスキルを活かせる同職種でのキャリアップと思い転職を決めましたが、内定条件に記載された見込み年収を見て、業界が違えばこれほどベースが違うのかと驚きました。

これは私の実体験で、以前に業界(業種)、職種を変えたいときについて書いているので、お時間あるときに読んでみてください。

今頑張っているお仕事で共通点さえ見つかれば、業界、職種を変えることはそれほど難しいことではありませんし、年収を大きく上げることも可能です。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ