履歴書・職務経歴書

ひと味違ったキャリアに“魅せる”!

こんにちは。今年もあと1か月ですね。今年は下半期が特にバタバタしたhidekkumaです。

今回は、転職活動で自分の培ったキャリアをどう「魅せる」かについて話します。

 

皆さんは転職を考えた時、

他の応募者と比較して自分のキャリアはどうなのか

気にしたことがありますか?

私が新卒で入社した企業は同期入社が300人!!業界大手で、誰もが耳にしたことがある会社でした。表立ってはいませんでしたが、出世のためにどれだけの競争になるのか・・・。勤続年数が経てばたつほど、毎年の評価、手当などで役職も年収もどんどん開いていきます。

その会社を退職してから、「大企業の社内の競争って大変だなぁ~。」なんてつくづく思ってしまいます。同じ部署に何百人も同期、先輩、後輩がいて、出世するには同じ職種の中で多くの人と比較されるわけです。企業によっては、入社後何年後に〇〇試験、さらに数年後〇〇試験みたいな感じで、能力に関係なく、入社後数年は勤続年数で昇進試験のタイミングも決まってる会社もあります。その環境でモチベーションを保ち続けることは大変ですよね。

私が2社目以降に勤めた会社は、全社員でも150人未満の会社ばかりです。一番小さい規模だと十数名になります。外資系企業の場合は、海外社員含むと数千人、場合によっては1万人以上になる企業もありますが、日本支社に限っては、私と同じようなポジションの社員は多くて2~3人、もしくは私だけという環境が基本です。そのため、他の社員との競争も圧倒的に少なく、出世のために多くの人と比較されるということもありません。

それは競争が無く楽になったというわけではなく、自分と同じような業務をやっている人が少ない分、自分で考えなければいけないことも多くなります。ただ、その分野でスキルを伸ばすスピードも速くなるし、大きな会社では10年くらい経たないと任せられないような業務も、会社規模が小さくなると任せられるチャンスが多くなります。

そんな機会が数年間のうちに何回があった場合、会社規模は小さくとも、自身が身につけたそのスキルは転職時に非常に有利に働きます。企業によっては、「若くしてこんなプロジェクトを任されていたのか!」と評価される場合も少なくなりません。

求人情報で、企業が募集するポジションは採用人数が1名の場合がほとんどです。
有名企業、人気企業でなくとも、そのポジションに数十人、場合によっては100人以上応募する場合も少なくありません。そうなると、他の応募者と経歴が同じように見えないように、ひと味違ったキャリアに魅せることが重要です。

私は履歴書や職務経歴書は可能な限り、他の応募者と被らないように魅せることを心掛けています。
もちろん学歴詐称、職歴詐称なんてしません(笑)
ただ、この応募求人のポジションだったら、こういった経験も書いた方がいいんじゃないかと深く考え、その応募先に合わせて文章や内容を変えています。

求人内容の「必須項目」以外に、
・〇〇の経験があれば尚良し
・歓迎スキル:〇〇
とか書いてありますよね。

この部分に注目する採用企業も少なくありません。さらに言えば、なんとなく書いた「特技」に注目され、そこから内定につながる話に発展することもあります。私も、日常的に任されていた業務や達成させたプロジェクトが、この部分にうまくハマって転職がうまくいった経験もあります。

必須要件にバッチリ当てはまっているからと言って、そこだけをどれだけ強調したとしてもダメです。100人も応募があれば、自分以上に“必須要件”についての知識、経験がある人は複数人いると考えてください。見えない敵ではありませんが、やっぱり上には上がいるってことです。それであれば、必須条件だけで勝負せずに、その他の部分で強みを出した方が私は良いと思います。他人と比較できないキャリアに魅せることで面接官の印象にも残るはずです。

私の複数回の転職経験から、

必須条件100点の人材より、必須条件70~80点+歓迎スキル20~30点の人材

の方が採用されるんじゃないかと思ってます。入社後に、必須条件100点満点と思って採用したのに実は60~70点くらいしか業務にマッチしていないこともありえます。逆に、入社した側も100%活かせると思った必須条件が半分くらいしか活かせない!なんてあるかもしれません。それであれば、必須条件100点の人材よりも、歓迎スキル20~30点を持っている人材を採用した方がいいんじゃないかと思います。

今回はここで終わりになりますが、履歴書、職務経歴書は“見せる“ではなく“魅せる”です!

年末年始から春にかけて、求人情報も増えてくる時期です。そこに標準を合わせの転職を考えている人は、必須条件だけにとらわれず、一味違ったキャリアに魅せることも心掛けて、応募書類の作成を始めましょう!

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ