キャリアチェンジ

業界(業種)、職種を変えたいとき

こんにちは。昨晩は新卒入社で入った会社の同期と久しぶりにご飯を食べたhidekkumaです。彼は現在4社目ですが、今までで一番イキイキしてる感じでした。
※私は5社目で頑張ってます(笑)

今日は業種、職種を変えたい転職についてお話します。

今転職を考えている人は、同じ業界でキャリアアップしたいと思っていますか?それとも、新しい業界にチャレンジしたいと思いますか?

私は現在5社目の会社に勤めていますが、前職がほとんど異なる業界です。
1社目 流通小売業
2社目 教育
3社目 物流
4~5社目 医療

何の共通点も無いような気がしますよね?しかし、私はこの中で共通点を見出して、転職をしてきました。

まず初めに、業界を変えることはそれほど難しいことではありません。

業界が違えども、職種がいっしょであれば、年収も現職以上になることは普通だと思います。例えば、営業であれば他業界からの転職も問わないところも多いですし、経理や人事もそうです。

業界が違えども、やる仕事の共通点の多さが重要視されるということです。

私も同様の共通点で転職を成功させました。私の場合は職種の中でもさらに具体的な担当業務に関してと言った方がわかりやすいかもしれません。さらに言えば、自分のノウハウが活かせる環境であれば、業界は狭めないし、重要視していません。

それは、「商品管理」という業務でした。

1社目の流通小売業で商品発注や在庫管理に従事し、3社目の物流会社では電子製品管理をしていました。4社目、5社目も医療機器を管理する業務です。※2社目は教育業界でモノを取り扱わない事務職でした。

それぞれ扱う商品は違えども、モノの流れという部分では似ているところが多くあります。それぞれ特殊な取り扱い方法もありますが、逆に複数の企業で、様々な製品を取り扱った経験を転職先で活かすことができています。また、先入観なく、前職の経験から新しいアイデアを取り入れて業務に取り組むことができます。

逆に、1社で長く勤められた方が「この職種を極めた!」と自信満々、意気揚々にキャリアアップ転職をした場合、「前の会社ではこうだったのに、今の会社では何でこうなんだ?」と、どうしても前職が基準になりすぎて転職先でなかなか成果を出せず、ミスマッチだったと感じるかもしれません。

若さよりも成果が求められる30代の転職には、新しい環境にできるだけ早く慣れる適応能力や、前職までの凝り固まった常識にとらわれない柔軟性も必要となります。

転職時の面接でも、応募職種についての知識や経験を問われることは多くあります。業界が違う企業に応募した場合、応募職種で成果を残す意欲があることは自信をもって伝えてください。

また、業界が未経験ということについては、下手な浅い知識で面接を乗り越えようとせず、正直に伝えてください。

面接官は、その会社の人事部長や、あなたの上司になるであろう管理職以上の方で、その業界のプロです。下手な芝居をしてもすぐにバレてしまいます。

私も電子製品管理をする職種から、医療機器管理の職種に転職したときは、医療の知識がないことは正直に伝えましたが、それをカバーする物流や在庫管理についての知識や経験について話しました。少し余談ですが、「医療機器」の製品管理は本当に手間が多いというか、管理するための工程が多いのです。医療品が高額なのも納得します。

まとめになりますが、自分がいる業界でしか選択肢がないと思っている人は、ぜひ他業界にも目を向けてみてください。あなたのスキルをさらに高める環境がそこにあるかもしれません。

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ