年収

自分の市場価値と年収

こんにちは。春まで風邪をひきたくないので、通勤でマスクが欠かせなくなったhidekkumaです。

突然ですが、皆さんが転職を考えるキッカケは何でしょうか?

人間関係、労働時間、仕事内容、それとも勤め先の将来性??人それぞれ理由は異なるでしょうが、今日は転職理由の常に上位にある「給与の不満」=「年収」に関係したお話です。

求人サイトには、掲載企業に勤めた場合の想定年収が記載してあることがほとんどです。転職エージェントからの紹介案件も同様に、あらかじめ想定年収に見合った人材に声を掛けます。たいていの場合、転職希望者は年収は現状維持、もしくはアップしたいと思うでしょう。もう一方で、今現在の自分の給料は、果たして他の人と比較してどうなのか、同業他社と比較してどうなのかを考える時はありませんか?

30歳を過ぎての転職は、20代の時より具体的な将来を見据えます。結婚、住宅の購入、老後の貯えなど考えればキリがありません。なんだかんだで「お金」については、重要な要素となっています。

そして、企業で働いている人、誰もが一度は思うこと・・・

この仕事量でこれだけか・・・(泣)
とか、
これだけの仕事しかしてないのに、この人はこんなにもらっているのか!(怒)
とか。

そういう不満を解消するには、まず自分の社会人としての市場価値を探ってみてください。
あなたの身の回りの社会人だけでなく、現在携わっている業界、他業種の同職種の年収くらいなら、今の時代ネットである程度調べることができます。まだ転職を考えていない場合でも、下記のようなことは定期的に行っても良いのではないでしょうか。

自分の市場価値を知ることは、転職において非常に大事なことです!!

・転職サイトの簡単なアンケートを答えて判定機能を使ってみる。
・情報サイトやニュースで自分の業界、職種の相場を知る。
・転職エージェントに直接意見を聞く。

プロ野球シーズンが終わると、FA(フリーエージェント)をする選手がいますよね。他球団の評価も聞いてみたいという理由で、年俸が億単位で上がるなんて夢の話も聞きます。サラリーマンはそこまで大きなお金は動かないかもしれませんが、大きくとらえれば同じことです。

現職に満足して、転職するつもりもない、不満も特に無かったとしても、自分が思っていた以上に評価してくれる会社があると知れば嬉しいし、数年後には転職を考えるかも知れません。転職エージェントによっては現状のアドバイスだけでなく、「ココの部分の経験を積んでいけば、〇〇のようなハイキャリアに転職できるかもしれません」など、将来的なアドバイスもしてくれます。そうなれば、具体的なキャリアプランを考えることができますし、今の仕事への情熱も違ってくるはずです。

また、あなたが登録した転職エージェントによっては、転職の有無にかかわらず近況を知るために定期的にあなたに連絡を取る場合もあります。そのような転職エージェントは良い関係を保つことをオススメします。あなたがいざ転職したい!!と思った時には事前情報を持っているので取り掛かりも早くできるでしょう。

最後は少し話が逸れてしまいましたが、自分の市場価値を知ることも転職活動のひとつにしてみてください!

ランキングに参加してます。応援してくださる方はポチっとクリックお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ